FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
面接38人目〜ワリカン告白〜
過去の面接回顧録。



面接38人目の方のお名前は、童顔君とします。


童顔君スペック↓
○年齢3つ下(26歳)
○システムエンジニア
○4県隣
○年収400万


童顔君と出会ったのは、ブライダルネット




童顔君のプロフィールの写真を見て
一番最初に「随分童顔だな…」と思いました。
私、童顔大好きなんですよね!


ていうか3つ下は初めてだな!
26歳だなんてまだ若いのに、もう婚活してるのか。



童顔君のメールは、女の子みたいで可愛かったです。
毎日のメールに癒されてました。



メールのやり取りを始めて数日たった頃
童顔君から電話しようと言われました。



電話してみると…


イケメンボイス!!


童顔でイケメンボイスで性格可愛いとか
最高じゃないか!!



電話も楽しく盛り上がり、2時間くらい話してました。



私電話苦手なのですが(同性の友達でも苦手、彼氏とも電話しない)
電話で盛り上がれる人はマジ希少です。



初対面は、私が童顔君の方まで会いに行きました。



会ってみての第一印象は…



…けっこう太ってるなww



まぁでもプロフに「ややぽっちゃり」って書いてあったしな…。
たまに体系普通って書いてるのに
会ったら太ってる人とかいるんですが
そのパターンはマジガッカリします。

童顔君、太ってるけど顔可愛いからいいや。



童顔君とは動物園に行きました。
入場料払うときに
小銭がなかったので、
ちょっと多めに出しました。


あるぱか「ごめん、細かいのなくて…」
とお札を出しました。


童顔君「あ、俺もお釣りないや。後で返すね。」



その後、園内をぶらぶら歩き、
ごはんを食べることになりました。


別会計だったんですが
その時童顔君、小銭貰ってたんですが
入場料のお釣りくれませんでした…。


忘れてるのかな…まぁいいや…500円くらいだし…。
ていうか、私の方が
童顔君の3倍交通費かかってるんだから
ごはんくらい奢ってほしいww



ごはん食べ終わって、また園内を歩くことに。
小動物と触れ合えるコーナーみたいのがありました。


あるぱか「わ、うさぎいる、可愛い。いいなぁモフモフしたい。」


童顔君「あ、でもふれあいコーナーに入るのに200円もかかるんですね。やめましょ。」



え…。



まぁ別にいいけど…。




つーかこの人とは金銭感覚合わなそうだな。



そして過去の恋愛話に。


童顔君「俺は付き合うとすごく好きになっちゃうから、
前の彼女の家に行くときは、家事とか全部やってあげてたんだ~♪」



へぇ…そう…。



あるぱか「元カノとはなんで別れたの?」


童顔君「元カノに、他に好きな人ができちゃったんだよね。
元カノとは社内恋愛だったんだけど
その元カノの新しい相手が俺の先輩でさ…。
で、俺と別れてすぐ付き合い始めて、
社内で2人が仲良くしてるの見るの辛かったんだぁ~。」



あるぱか「そう…それは辛いね。」


童顔君「そういう辛い思いしてるから
俺年下だけど、精神年齢はけっこう上だと思うんだよね~。
その辛い経験から、だいぶ精神年齢上がったんだ。
だから、年上の人とも釣り合うんじゃないかな!」




あ、そう…。



動物園を出て、駅まで歩いてると


童顔君「あるぱかさん。」


あるぱか「はい。」


童顔君「結婚を前提に付き合ってもらえませんか?」



え…いやだ…w


つーか周りに人いっぱいいるし…。



ていうかなんか最近ヤケに告られるわね…。
モテ期来たのかしらw



家に帰ってから、童顔君にごめんなさいのメールを送りました。


体育さんのときも思いましたが
ケチな人は嫌ですw


童顔君との面接話はこれで終わりです。

にほんブログ村
良ければクリックお願いします↑

テーマ:婚活してます - ジャンル:独身・フリー

[2016/03/31 20:18 ] | 面接38人目~童顔君~ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<面接39人目 その1~条件の良い理系男子~ | ホーム | 面接37人目~私とは正反対~ >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://himonokonkatsu.blog.fc2.com/tb.php/252-c8a32f8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。